スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点と点が線でつながるということ

先日の3rdとクーペレーションカップの盛り上がりはすごかったですね。
僕も誘っていただいたので出てました。
大会前の2ヶ月位からチームメイトでポロポロと連絡を取りながら1個のゲームを
やっていくというのはすごい素敵なことだなと思いました。

盛り上がりとか動員数は比になりませんが僕はduelはduelで
いいところがたくさんあると思っています。
昨年末からセイヴァーの大きな大会、3rdの大会と出たりしましたが
その場の大会ノウハウなんかをハマーさんに共有できればなと思っています。


それでタイトルの話なんですけど
先週の日曜日に3rdの3on大会に出てきました。
組んでもらったのは春麗を教えてくれているもち君と
他ゲー勢でも知ってるくらいの有名人メスターさんなんですね。

でこういった二人と組む以上は僕は勝つための戦力じゃなくて
二人のアドバイスを実行していくことで教える側に楽しんでもらおう
と思ったんですけど全く力及ばずで言われたことが出来ない大馬鹿野郎でした。

言われたことは出来るようにしてふらっと野試合を見られた時に、
言ったことできてんじゃんと思われるようになりたいですね。

でその時の教わった内容で印象に残ったの。

「レミーには当たらないところで遠距離大パンチを振るのです。
ルグレうとうとした所に当たるからです。」

なんかどっかで聞いたことあるなーっておもったら思い出した。


「裏リョウには遠距離AとCやねん。虎煌拳は腕伸ばした所に食らい判定あるからな」

あーこれだ。
これ言われてたわ。

違うゲームの話ですがピシャリときた瞬間でした。
今まで春なんてどのボタン押しても強いからガードさせてゲージタメたほうが
お得やんけとおもったけど、リョウ:チャンに置き換えたら当たらない距離の置き技の強さに気がついた。
チャン:投げキャラに置き換えたら立ち中パンを置く重要性に気がついた。

春の遠距離大パンチを空振ってフルコン食らった時、
グラントが遠距離C空振って牙刀にJC食らってブチ切れる事と同じってことに気がついた。
グラントだとブチ切れてるのに春だと仕方ないって思ってたのは春の間合いの作り方が下手ってことに
気がつけてなかったから。

いろんなゲーム触ってるからこそ考えを活かせる部分もあるんだなと思いました。
3rd触ってライフとゲージの見方がわかってMOWの勝率も上がった。
98にもなにか活かせる部分はないか考えていきたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たろ吉

Author:たろ吉
高知県出身大阪の大学を経て
東京在住

kof98が好きなだけのパンピーが
好き放題かいてるブログです。

以前中野TRFにてkof98の
大会を開かせて頂いておりました。
また98大会の実況などをさせていただいております。

98以外のゲームについても
記載あります。

牛専/矢まと/ひこ星を愛しております。
お気軽に声かけてください。

最新記事
カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
連絡先
【MSNメッセンジャー】
tarokiti_2004@hotmail.com

【skype】
bunnbunn27

【Twitter】
http://twitter.com/tarokiti

【連絡用メールアドレス】
infokof98@gmail.com

【電話(iphone)】
わらわはなかあたはたさ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。